HOME > TOPICS > 【新刊】CLOSE-UP/ランドスケープデザイナー・Paul Smither

【新刊】CLOSE-UP/ランドスケープデザイナー・Paul Smither

2021/03/22

それぞれの土地と相性の良い植物を用いた、持続可能な庭。ランドスケープデザイナー、Paul Smither(ポール・スミザー)は、それを“ナチュラルガーデン”と呼びます。イギリス出身の彼が来日して約30年。植物にとって、人にとって、そして地球にとって健やかな自然の在り方を探る庭づくりを紹介します。
 

Paul Smither/ポール・スミザー
ランドスケープデザイナー。1970年、イギリス・バークシャー生まれ。英国王立園芸協会ウィズリーガーデン、米国ロングウッドガーデンズで園芸とガーデンデザインを学ぶ。'93年・来日。'97年・ガーデンルームス設立。2009年、山梨・八ヶ岳南麓に移住。著書『ナチュラルガーデン ウォーク 夏~初秋』(ガーデンルームス)発売中。

〈問い合わせ先〉
萌木の村(山梨県北杜市)
TEL.0551-48-3522  URL:https://www.moeginomura.co.jp