NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2013年09月09日 20:30

HOW TO BUILD A HOME/建築家との住まいづくり

理想の住まいをかなえるには、信頼できる住まいづくりのパートナーが必要です。建築家に依頼すれば、ライフスタイルを考慮したデザインやプランだけでなく、予算調整や工事監理といった現実的なことにも丁寧に対応してくれます。しかし、全体像が見えづらいため、依頼する前に不安を抱く人も少なくありません。そこで今回は、プロセスや見積もりのほか、保険やトラブルといった問題についてとり上げます。全体の流れを知ることで、理想の住まいを手に入れるきっかけとしましょう。

建築家に依頼する/住まいづくりの流れ
見積もりの読み方
保険とトラブル

POSTED AT 20:30 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年09月09日 17:29

Love Dinnerware

季節やシーンに合わせて選んだ器は、料理の味わいをいっそう深め、食卓を彩ります。煌めきが美しいガラスや温もりのあるハンドメードの陶器など、ゲストをもてなす際に活躍する個性豊かな大判プレートを中心に紹介。異なる素材やフォルムを組み合わせて、テーブルコーディネートを楽しみましょう。

28_dinnerware.jpg

POSTED AT 17:29 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年09月05日 17:25

Home Away from Home 豊かな自然を眺めるセカンドハウス

緑がまぶしい森、波の音が心地良い海辺。セカンドハウスで過ごす時間は、心身に安らぎをもたらします。近年では、自然を楽しむシンプルな暮らしを望む人が増え、周囲の環境と調和する住まいが多くみられるように。風景を美しく切り取る開口計画やアウトドア空間などのプランニングに加え、湿気や積雪といった気候風土や条例への考慮も必要です。今回は、森と海辺に立つ4軒のセカンドハウスを紹介します。

01 アールを描くレッドシダーの外壁
M Residence Karuizawa, Nagano  Architecture : 船曳桜子 + 内海 聡


24_M_residence.jpg

02 居心地の良いコージーコーナーを点在
T Residence Karuizawa, Nagano  Architecture : オンデザインパートナーズ


25_T_residence.jpg

03 居室のようにくつろげるインナーテラス
L Residence Karuizawa, Nagano  Architecture : 坂倉竹之助 石上英一郎/坂倉アトリエ


26_L_residence.jpg

04ヨットと海の眺めを楽しむハーバーハウス
K Residence Shodoshima, Kagawa  Architecture : 木戸一男建築デザイン


27_K_residence.jpg

POSTED AT 17:25 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年09月04日 20:24

FAVORITE STATIONERY

さまざまなアイテムを置くデスクまわりは、機能的かつ気持ち良く整えておきたいもの。今回は、収納はもちろんディスプレイとしても楽しめるトレーやボックスから、こだわりのテープカッターやスタイリッシュなペーパーナイフまで幅広く紹介します。

23_stationery.jpg

POSTED AT 20:24 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年09月03日 14:23

RALPH LAUREN HOME/FALL & WINTER 2013 "APT. No.ONE"

今年、30周年を迎えたRALPH LAUREN HOME。2013年、日本で発表された秋冬コレクションの一つ「APT.No.ONE(アパートメント ナンバーワン)」は、イギリスの若いロイヤルカップルをイメージ。クラシカルとカジュアルを融合したコレクションには、同ブランドのデザイナー、Ralph Laurenが追求するタイムレスなデザインの魅力が映し出されていました。

22_ralph.jpg

POSTED AT 14:23 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年09月02日 19:20

Facts & Planning 室内外が調和する庭づくり

住まいと一体の庭をつくるためには、庭を室内の延長と捉え、内外のバランスを意識することが大切です。建築家に建物の設計を依頼するように、ガーデンデザイナーをパートナーに迎え、インテリアとの関係や室内からの眺めを意識しながら、全体に調和のとれた心地良い住まいにしたいもの。庭づくりの基本的なステップと共に、庭のデザインについて考えます。


心地良い庭づくりのためのプランツ


まぶしいほどの生命力で枝葉を伸ばし、花を咲かせて実を付け、四季折々に姿を変える植物。環境に適していることはもちろん、ライフスタイルに合わせて無理なく育てられるものを選ぶことが重要です。ここでは、日照や土壌の乾燥など生育条件別に適した植物と、プランター向きの植物を紹介します。

19_plants.jpg
20_plants.jpg

美しい庭づくりのためのアイテム


美しく調和のとれた庭づくりのために、植物はもちろん、プランターやホースなどのアイテムにもこだわりたいもの。今回は、時を経るごとに味わいを増すコールテン鋼や陶器、石、ブリキなどさまざまな素材が空間に表情を添える、美しいフォルムのプランターを紹介。さらに、アウトドアシーンを優美に演出する照明や暖炉のほか、庭のメンテナンスに欠かせない実用的かつスタイリッシュな機器もプラスして、心地良い庭をかなえましょう。

21_items.jpg

庭づくりをサポートしてくれるショップ


庭の印象を大きく変える、植物の存在。一つプラスするだけで雰囲気が変わり、暮らしに変化をもたらします。購入の際は、ショップで知識のあるスタッフに相談し、日当たりや水はけ、雨が当たるかなどの生育環境や、害虫や病気も含めたメンテナンスを考慮して選びたいもの。環境によって変化し成長するものだからこそ、気に入りの植物との出合いは、家具を選ぶ以上に難しいはずです。妥協せず、長く付き合えるものを選びましょう。

POSTED AT 19:20 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年08月30日 12:13

Ever Garden Comfort

今号は「住まいと一体の庭をデザインする」と題し、自然の生命力や美しさを映し出し、暮らしに変化をもたらす癒しの庭を特集。インテリアのように住み手の好みやライフスタイルを反映し、建物とトータルで計画することで、室内外が連続した心地良い住まいが実現します。庭と室内を回遊するプランやリビングからの眺めを意識したデザインなど、建物と庭が一体となって魅力を放つ四つの住まいを紹介。また、実際の計画方法やデザイン手法を解説するほか、環境に合う植物や実際に購入できるショップ、庭を彩るアイテムなど、多様な観点から庭づくりを考えます。

12_garden.jpg

01 ハーブに彩られた立体的な白いテラス
Yasui Residence  Architecture & Garden Design : 安井秀夫アトリエ


13_yasui.jpg
14_yasui.jpg

02 モダンな住まいに映える情緒漂う雑木の庭
H Residence  Garden Design : 石正園


15_H_residence.jpg
16_H_residence.jpg

03 インテリアと調和するヨーロピアンモダンな庭
W Residence  Garden Design : I'm home.+長濱香代子庭園設計


17_W_residence.jpg

04 居室の一部として楽しむシャビーなフレンチガーデン
Matsuda Residence  Garden Design : BROCANTE


18_Matsuda.jpg

POSTED AT 12:13 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年08月28日 11:12

時間をかけて住まいをつくる

誰と住まいをつくるのか……その選択肢はさまざま。戸建て住宅マーケットの大部分はハウスメーカーや工務店に依頼するケースがほとんど。それを除くほんの数パーセントが建築家やインテリアデザイナーと共に住まいをつくるわけですが、この選択肢以外にも住宅プロデュースの会社やハウスメーカーと設計事務所の中間的な会社などがあり、施主の立場で考えると、どこが自分と相性が良いのか迷ってしまうかも知れません。大きな違いは、ハウスメーカーと工務店は設計と施工を総合的に行う一方、設計事務所は設計を担当し、施工は工務店や建設会社に任せます。
I’m home.では、建築家やインテリアデザイナーと共に住まいをつくることをテーマに本づくりをしています。その最大のメリットは設計の自由度が高いことですが、もちろんメリットばかりではありません。しかしながら、もし自分が施主の立場だったら、選ぶべき道がここにあると思うからこその選択です。一番大切なのは、自分が“どのように生きたいか=住みたいか”であり、ほとんどの人が一生に一度かせいぜい二度の経験しかない住まいづくりにおいては、その回答をうまく導き出してくれる専門家に出会うことが最も重要でしょう。自分と同じ生き方の人はいないのですから、同じ住まいもないはずです。
今回、「HOW TO BUILD A HOME」と題する住まいづくりについての特集を組んでいます。小誌では昨年からインテリアコーディネート事業を開始しましたが、プロジェクトに参加すればするほど、ある疑問が生じてきたからです。「一般的には」という言葉をよく耳にしますが、どのような基準でそれが一般的と言われるようになったのでしょうか。基本設計や実施設計にはどのくらい時間をかけ、施工期間はどのくらい必要なのか。もちろん、敷地の条件や周囲の環境、そしてインテリアにどこまで手を掛けるのかによっても異なってきます。また、最近よく耳にする施工会社の倒産や施工時のトラブルに対して、施工会社がどのような保険に入っているのか、などなど。質の高いデザインを実現するためにも、今一度、住まいづくりについて考えてみるべきだと感じました。
自分の城(住まい)をつくるのは、人生における大きな夢の一つ。ライフスタイルとは、趣味や食、ファッションだけでなく、住まいに至るすべてを指しています。住まいに関しては専門家の助けを必要としますが、それも含めて自分のライフスタイルと言えるのです。高い費用がかかるからこそ、後悔しないために、時間をかけてゆっくりとステップを踏んでいきたいものです。

Elisa SUMITA, Editorial Director

POSTED AT 11:12 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年08月21日 10:18

EYES ON FRANCE/Baccarat

1764年の創設以来、フランスの「アール・ドゥ・ヴィーヴル(生活芸術)」を象徴するブランドとして世界的な名声を誇るBaccarat。テーブルウェア、アクセサリーからライティングまで、多岐にわたる商品を展開しています。2011年のミラノサローネより、「Baccarat Highlights」と名を冠したライティングコレクションを発表。今年は古い邸宅を舞台に、個性豊かなデザイナーたちが同ブランドの名作シャンデリア「Zénith」を現代的に解釈し、華麗な競演を繰り広げていました。

09_baccarat.jpg
ブラジル人デザインユニット、Fernando & Humberto Campanaがデザインした新作シャンデリア「Fusion」コレクション



10_baccarat.jpg
デンマーク出身のデザイナー、Louise Campbellの「Nervous Zénith」

POSTED AT 10:18 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年08月20日 14:07

EYES ON ITALY/GERVASONI

軽やかなフォルムと斬新な色、遊び心あふれる素材使い。ラタン家具をルーツに持つイタリアのモダン家具ブランド・GERVASONIは、1998年から約15年の歳月を、デザイナー・Paola Navoneと共に歩み、新しい時代を築き上げてきました。伝統を受け継ぎ、新たな感性を融合させた独自の世界をレポートします。

07_gervasoni.jpg
2013年ミラノサローネで発表した「BRICK」シリーズのキャビネットとミラー



08_gervasoni.jpg
「GRAY」シリーズのテーブルとイスに、ラタンやセラミックのスツールをコーディネート

POSTED AT 14:07 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年08月19日 17:03

CLOSE-UP DESIGNER/PAOLA NAVONE

吸い込まれそうな青い瞳は、新しい発想を求めているーー。イタリア人デザイナー、Paola Navoneが描き出す、自由で遊び心にあふれる世界。青をベースにした色彩や素材感を生かしたフォルム、軽やかでカジュアルなデザインは、常に世界を魅了し続けています。ミラノ市内のトルトーナ地区に立つオフィスを訪ね、念願だった彼女の豊かな発想についてインタビューしました。

04_PaolaNavone.jpg
ブルーを愛するPAOLA NAVONE



05_PaolaNavone.jpg
ドイツの老舗磁器メーカー・Reichenbach(ライヒェンバッハ)の「Taste blue」シリーズ



06_PaolaNavone.jpg
フランスの老舗クリスタル工房・Saint-Louis(サンルイ)の「HULOTTE(ユロット)」

POSTED AT 17:03 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年08月16日 16:53

Interior collaboration with " I'm home."

昨年3月からスタートしたI'm home.のインテリアコーディネート事業。住まいとは、個々のライフスタイルを反映し、豊かな暮らしの器となる大切な存在です。I’m home.は、その家族のかたちに最もふさわしいインテリアを提案したいと考えます。今回は前号no.65に引き続き、「10年後の暮らしに合うインテリア」をテーマにしたY邸のVol.2をディテールまで含めて紹介します。

01_y2.jpg
02_y2.jpg
03_y2.jpg

POSTED AT 16:53 | no.66 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年06月28日 13:20

no.66はガーデン特集

軽井沢ロケから帰ったばかりですが、今日は炎天下のなかでガーデンの撮影。次号no.66では「モダンな庭をつくる」を特集します。地上2階建ての住宅に併設された立体的なガーデンは、上下さまざまな視点から空間を楽しむことができます。


15_y_resi.jpg

Y Residence Architecture :安井アトリエ

POSTED AT 13:20 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年06月25日 11:45

週末住宅

いよいよ今日から軽井沢ロケの開始。次号no.66では週末住宅を掲載予定だからです。一年ぶりのロケですが、今回は、インテリアコーディネート事業で手掛けるプロジェクトの現地下見と打ち合わせも兼ねています。取材は、元・ミリグラムスタジオ在籍の船曳桜子さん、オンデザインパートナーズ、坂倉アトリエの週末住宅など、どうぞお楽しみに。


09_weekendhouse.jpg

軽井沢の週末住宅  設計/坂倉アトリエ

POSTED AT 11:45 | no.66 | | Comments (0) | TrackBack (0)