NEWS BLOG

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2008年07月08日 22:36

no.35は久々のファブリック特集

真っ白な空、降り続く雨。二週間ぶりの東京は、まだ梅雨が明けそうにありません。気づけば、もう7月。一年の半分が過ぎてしまいました。
初めて降り立ったスウェーデンの地。日本の住まいで見慣れたはずの北欧家具たちは、北ヨーロッパの街や建物に実にしっくりとなじんでいるように感じました。空港の待合に置かれた真新しいエッグチェアを始め、レストランに配されたルイス・ポールセンのコラージュランプ、住まいやストゥディオに置かれている時を経たセブンチェアまで、とにかくそこかしこに北欧メードのものたちが溶け込んでいるのです。スウェーデンは、北欧のなかでも次々と新しいものたちが生み出される国。日本でも知られているトーマス・サンデルやCKRなどがデザインしたプロダクトや住まいに見られるよう、デザイン業界には活気がみなぎっているようです。新築の住まいはシンプルでモダンですが、日本に比べてかなりソフトな印象。外壁はほとんどが板張りで、白染色を施したパイン材のフローリングを数多く目にしました。地盤は巨大な岩が多いため、基礎をつくる際に爆破することも。また、住宅を建てる際は、近隣に図面などを公開しなければならないうえ、万が一反対された場合、建設することができません。とても笑えたのは、どのキッチンにもイケアのアイテムがあったこと。そういえば、イケアのロゴはスウェーデンの国旗と同様、黄色と青の組み合わせです。人々の暮らしに溶け込んでいるように感じました。


6月のスウェーデンは、ミッドサマー(夏至祭のことで、日本の正月のようなもの)、なかなか沈まない太陽、クルクルと変わる天気、そしてハーリング(鰊)。長い長い夕方が続いた後、11時半ぐらいにようやく夜を迎え、深夜3時半ぐらいには日が上るのですから、仕事を終えて夕食の席に着くころも、せいぜい東京の夕方4時半程度の明るさで、何だか得した気分になります。何より羨ましいのは、ストックホルムから車を20分ほど走らせたところに、森と湖に囲まれた住まいを持てること。そして、それにもかかわらず、多くの人たちがサマーハウスを所有する社会環境。ほとんど昼のない寒い冬を除けば、とても魅力的な国です。
さて、no.35は久々のファブリック特集です。7社のメーカーにご協力いただきながら、アイテム制作のためにあれこれファブリックを選んでいたのが、遥か昔のことのように感じられます。クオリティーの高いファブリックを用いて、自分の空間に合わせたオリジナルアイテムをつくる。これは病みつきになること請け合いです。表情豊かなファブリックを取り入れ、暮らしをもっと楽しくしましょう。

POSTED AT 22:36 | no.35 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年07月07日 22:41

特集「WALL & FLOOR 素材が奏でる上質な空気」

住まいにおける壁や床は、インテリアや家具を引き立てる存在であると同時に、空間の主役にも成り得ます。今回は、戸建てとマンションに分類し、マテリアルという観点から、デザインと機能性を考慮した上質な空間づくりについて考察。また、今回は、表情豊かなマテリアルによって上質な空間を実現した実例と共に、壁紙、左官材、塗料、タイルなどの壁材と、フローリング、タイル、石材、カーペットなどの床材を紹介します。
wallfloor.jpg
「M邸」設計/草木義博+空間デザインワークス

POSTED AT 22:41 | no.35 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年07月04日 22:40

特集「DRASTIC RENOVATION」

今回は、2軒の戸建て住宅と、4軒の集合住宅の改装を取り上げます。
白川邸は、岐阜・大垣市の中心地からほど近い住宅街あります。三度目となる今回の改装は、別棟を自邸、長年使用されていなかった建物の一部を離れとして利用するため。また京都の骨董屋で好みの扉を見つけたオーナーが三年の年月をかけて13枚を収集。設計を担当した建築家の入江経一さんは、それらを基にデザインのイメージを膨らませ、ノスタルジックな空気が漂う、心地良い住まいが完成しました。

sirakawa.jpg

設計/入江経一

田村邸は、横浜市の北部にある築19年の公団住宅の一室を改装。壁構造のため基本的に既存のプランを変更することはできなかったものの、オーナーが要望していたベルギーのデザイナー、アグネス・ エメリー(no.22に掲載)がデザインしたタイルや、それに合わせて塗装された色彩豊かな壁によって表情豊かな住まいが誕生しました。また、古材のような風合いに仕上げるために傷加工を施したフローリングや、小学校の校舎をイメージした素朴な雰囲気の引き戸などの要素が空間をかたちづくっています。

tamura.jpg

設計/ナツメトモミチ

POSTED AT 22:40 | no.35 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2008年07月03日 22:39

Close upは、Textile Designer「NEISHA CROSLAND」

ダイナミックでアバンギャルドなパターン。繊細で柔らかなカラーコーディネート。イギリス人テキスタイルデザイナー、Neisha Croslandがつくり出すファブリックに、一瞬にして誰もが心を奪われます。今回のスタイリング頁でも登場する彼女独特の世界観が表現されたファブリックが持つ不思議な魅力に迫ります。

neisha.jpg


POSTED AT 22:39 | no.35 | | Comments (0) | TrackBack (0)