NEWS BLOG

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2017年01月20日 17:20

Interior Styling/Scent of Flame 香りを楽しむキャンドル

安らぎを与え、気持ちを晴れやかにする香り。部屋ごとに異なるフレグランスで演出をしたり、インテリア性の高いキャンドルを選んでオブジェとしても楽しみたい。今回は「Sweet Elegance」と「Spicy Modern」のスタイルに分け、アロマキャンドルや香り高いオーナメントなどを紹介します。

32_candle.jpg

2017年01月20日 17:20 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月20日 17:19

Interior Styling/DREAM IN A DREAM

柔らかなベッドリネンやクッションは、季節や気分によって色や柄、素材を変えることで、さまざまなインテリアが楽しめます。さらに、肌に触れるものだからこそ上質な素材を選び、心地良さにもこだわりたい。ここでは「RUSTIC NATURAL」「COOL ROMANTIC」「CHINOISERIE MODERN」をテーマとしたコーディネートを紹介。

31_bed_linen.jpg

2017年01月20日 17:19 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月19日 17:18

FOCUS ON/Kartell

プラスチックという素材の特性を最大限に生かし、五感に訴えかけるような色彩やフォルムの家具を創出するイタリアのインテリアブランド、Kartell。60年以上の歴史で培った技術と、著名デザイナーの鋭い感性が融合することで生まれたプロダクトは、常に世界のインダストリアルデザインをリードしてきました。独創性と意外性を備えたエレガントなプラスチックの進化はとどまるところを知りません。

30_KARTELL.jpg


Kartell Tokyo
東京都港区南青山5-5-4 CURIO554ビル
TEL.03-6419-1040 URL : http://kartell.co.jp
営業時間/11:00〜19:00 水曜休

2017年01月19日 17:18 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月18日 17:49

FOCUS ON/Molteni&C HOME

イタリアを代表するモダン家具ブランド、Molteni&Cの新たなショールーム「Molteni&C HOME」が2016年10月、東京・南青山にオープンしました。建築家であり同ブランドのクリエーティブディレクターでもあるVincent Van Duysenが手掛けた空間は、ミニマルなデザインながらも温かな雰囲気に満ち、住まいであるかのようにモダンな家具をコーディネート。彼の審美眼によって生まれた空間と家具の調和は、真の心地良さを教えてくれます。

29_molteni.jpg



MOLTENI&C TOKYO
東京都港区南青山6-4-6 Almost Blue B棟
TEL.03-3400-3322
URL:http://www.molteni.it/jp
営業時間/11:00〜19:00 水曜、祝日休 ※Molteni&C HOMEは完全予約制

2017年01月18日 17:49 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月17日 17:43

ALL ABOUT YOUR NEW HOME/SELECTIVE PARTNERS  I'm home.が推薦する住まいづくりパートナー50


住まいづくりのパートナーを探す手がかりとして、本誌がこれまで取材してきた建築家やインテリアデザイナーを50人紹介します。彼らとの住まいづくりの最大の魅力は、ライフスタイルや好みに合ったオリジナルの住まいを実現できること。傾斜地や旗竿地といった難しい条件下でも豊富なアイデアで環境を生かした魅力あふれる住まいを提案してくれるでしょう。人によってデザインのテーストや得意分野はさまざまなので、理想の暮らしや空間の明確なイメージを描き、共に歩める相手を見つけてください。

28_50partners.jpg

2017年01月17日 17:43 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月16日 11:09

ALL ABOUT YOUR NEW HOME/CASE STUDY


理想の住まいを手に入れるには、依頼先選びを間違えないことが最も重要です。入り口を間違うと軌道修正はなかなか難しく、住まいづくり本来の楽しさも十分に味わえないもの。さまざまな選択肢が用意されている今、きちんと情報収集をしたうえで最適な依頼先を選びましょう。ここでは、建築家+工務店、インテリアデザイナー+ハウスメーカーの二つのケースを紹介。


1 . ARCHITECT+CONTRACTOR 建築家+工務店の場合
中庭を介して伸びやかに広がる住まい
S Residence Kamakura-shi, Kanagawa Architect : 彦根建築設計事務所 彦根 明


25_s_residence.jpg


2. INTERIOR DESIGNER+HOUSE BUILDER インテリアデザイナー+ハウスメーカーの場合
インテリアデザイナーとハウスメーカーの協働によって実現したホテルのような住まい
K Residence Tokyo  Interior Designer : ナツメトモミチ


26_k_residence.jpg
27_k_residence.jpg

2017年01月16日 11:09 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月13日 11:06

特集/ALL ABOUT YOUR NEW HOME 失敗しない!住まいづくりパーフェクトガイド


夢が膨らむ住まいづくり。一生で何度も経験できるものではない一大イベントであり、それだけに大きな失敗は避けたいもの。本誌ではこれまで数々の住まいを取材してきましたが、あまり芳しくない話を耳にすることも。全体を理解できたときは竣工間近で変更は不可能……という人もいて、「住まいは3回建てないと理想にはならない」と言われるゆえんでしょう。そこで今回は、住まいを建てよう! と思ったら、まず読んでほしい住まいづくりのノウハウをまとめました。段取りが一目で分かるフローチャートや実例のほか、本誌が推薦する住まいづくりのパートナー50人を紹介。

24_news_home.jpg

BASICS to KNOW  建てる前に読む。住まいづくりのノウハウ

快適で毎日を楽しく過ごせる理想の住まい。それを実現した人たちは、どのようにしてそこにたどり着いたのでしょう。住まいを新築する施主にとって、その流れを具体的にイメージするのはなかなか難しいもので、まずは建てる前に入念な準備をすることが大切。ここでは本誌の取材から得た経験をもとに、知っておくべき知識や押さえておくべきポイント、陥りがちな落とし穴など住まいづくりのノウハウを分かりやすく解説。あなたの住まいづくりを応援します。


旅のパートナーを見つけよう/失敗できない住まいづくり/土地いっぱいに建物は建たない/建築条件付きの注意/金計画が住まいの形を決める/家具を買うお金は残らない/自分たちの要望をまとめてみよう/依頼先選びをサポートするサービス/施工会社を選ぶ/現場工事/完成

2017年01月13日 11:06 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月12日 11:04

CLOSE-UP/PHILIPPE HUREL

オートクチュールのドレスを仕立てるように、家具をつくる。そんな姿勢を貫くフランスの家具ブランド、PHILIPPE HURELは、常にクライアントの視点から独自のアイテムを創出しています。製品にはない柔軟な発想でクライアントのニーズをかなえ、徹底的に神素材にこだわって生み出されるプロダクトは、いずれも機能性と快適性、優美さを兼ね備え、ハイエンドな暮らしをかたちづくっているのです。


21_PHILIPPE_HUREL.jpg
22_PHILIPPE_HUREL.jpg
23_PHILIPPE_HUREL.jpg

カッシーナ・イクスシー青山本店
東京都港区南青山2-12-14 ユニマット青山ビル1・2・3階
TEL.03-5474-9001
URL:http://www.cassina-ixc.jp
営業時間/11:00〜19:00 水曜休

2017年01月12日 11:04 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月11日 11:03

CLOSE-UP CREATOR/公長齋小菅

古来より日本人は、強くしなやかな竹に生命力を見い出し、暮らしのあらゆる道具に用いてきました。そんな親しみ深い竹の魅力と可能性を追求し、新たな解釈や発想で現代の暮らしに合う竹の在り方を提案するのが京都の竹工芸ブランド、公長齋小菅。竹という素材に真摯に向き合い、「古典と現代の融合」をテーマに生み出される製品は、暮らしに寄り添う控えめな佇まいで、普遍的な美を宿しています。


20_kochosai.jpg

公長齋小菅 京都本店
京都府京都市中京区三条通河原町東入ル中島町74
ロイヤルパークホテル ザ 京都1階
TEL.075-221-8687 URL:http://www.kohchosai.co.jp
営業時間/10:00〜20:00 無休

2017年01月11日 11:03 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月10日 10:57

THE STYLE/Interior Proposal From " I’m home." 建て売り住宅に理想のインテリアを実現



今回のプロジェクトは、建て売り住宅をオリジナリティーあふれる空間に変えるプロジェクト。分譲建て売り住宅の企画・開発を行うオーナー宅としてまれなケースですが、量産型の建築にどのようにしてオリジナルのインテリアを実現させるか。限られた条件でも、壁紙やカーテン、照明器具、家具などにこだわることで空間の質を変えることができるのです。


17_the_style.jpg
18_the_style.jpg
19_the_style.jpg


W Residence Shounan, Kanagawa  Interior Design : I'm home.

2017年01月10日 10:57 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2017年01月04日 16:19

特集/LEARN FROM MASTERPIECES, LE CORBUSIER ル・コルビュジエの集合住宅ユニテ・ダビタシオン


2016年7月、Le Corbusier(ル・コルビュジエ)の建築作品群が世界遺産に登録されました。そのなかの一つ、フランス・マルセイユの集合住宅、ユニテ・ダビタシオンは世界でつくられる集合住宅に未だに影響を与え続けているのです。フランスとドイツの計5カ所あるユニテのうち、今回はベルリンに在住経験のある筆者が、誕生からおよそ60年を経たユニテの現在の様子をレポート。ベルリンを中心にリサーチを進めると、Le Corbusierの建築への思いを大切にしながら住民が自ら手を入れていくことで、今も魅力的に変化し続けていました。


10_corbusier.jpg

1 ユニテ・ダビタシオンという住まい
ル・コルビュジエとユニテ/ベルリンのユニテ/ユニテで営まれる住民の暮らし


11_corbusier.jpg

ユニテ・ダビタシオンに見るル・コルビュジエの建築手法/マルセイユとベルリンのユニテ・ダビタシオン


12_corbusier.jpg
13_corbusier.jpg


2 ユニテ・ダビタシオンの暮らし
Wilma Residence/Ingrid Residence/Wolfgang Residence/Mechthild Residence/Gisele Residence/Genevieve Residence

Wolfgang Residence BERLIN  


14_corbusier.jpg

Gisele Residence MARSEILLE


15_corbusier.jpg

Genevieve Residence MARSEILLE


16_corbusier.jpg

2017年01月04日 16:19 | no.86 | | Comments (0) | TrackBack (0)