NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2014年08月29日 12:39

特集/Garden  Style Living 庭を楽しむ住まい

窓辺からみずみずしい草木を眺める朝や、木陰に包まれるテラスで過ごす午後……。温かな日差しをとり込み、さわやかな風を導く庭は、日々の暮らしに潤いを与えてくれます。そんな理想の庭をかなえるためには、敷地や建築と一体に計画し、住み手のライフスタイルを映し出すことが大切。今回は、インテリアと調和したクラシカルな庭や暖かな気候を楽しむアウトドアスペースなど、趣向の異なる国内外4軒の住宅を紹介。さらに、住まいのさまざまな場所に庭をデザインする方法を、実例8軒と共に解説します。また、庭を彩る植物とそれらを扱うガーデンショップ、ガーデン製品など幅広い観点から庭づくりを考えます。


01_garden.jpg


CASE STUDY 01
住まいを囲む四つのアウトドアスペース
Kameon Residence Architecture : Nicholas / Budd Architects


02_Kresidence.jpg

03_Kresidence.jpg


CASE STUDY 02
ヨーロピアンリゾートをイメージしたラグジュアリーな中庭
A Residence Architecture : 横堀建築設計事務所


04_Aresidence.jpg

05_Aresidence.jpg


CASE STUDY 03
既存樹を生かした芝の庭
VK Residence Architecture : FEDL(ファーイースト・デザイン・ラボ)


06_VKresidence.jpg

07_VKresidence.jpg


CASE STUDY 04
ガレージとリビングをつなぐ雑木林の中庭
F Residence Architecture : 芦原太郎建築事務所


08_Fresidence.jpg

09_Fresidence.jpg

2014年08月29日 12:39 | no.72 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年08月25日 12:27

From Editor 「五感の庭」

前号のテーマは「美しい窓」。立体的なフォルムの窓枠や窓台、格子のサッシや緩やかなドレープを描くカーテンによって美しい陰影が生まれます。それでは、その「美しい窓」の向こうにはどのような景色を見たいでしょうか。
忙しい日々を過ごす現代人にとって、心身共に癒されるのは、見る、聴く、触れる、香る、味わうという「五感」で感じること。庭は日常のなかで、それらを与えてくれる存在です。週末のさわやかな朝、緑で埋め尽くされた庭で鳥のさえずる声を聴きながら、テラスで楽しむブレックファースト。そこにはおいしいヨーグルトと共に庭から朝摘みしたベリーが並びます。そして気温が上昇する昼下がりには、ゆったりとバスルームで本を読みながら過ごす。温かな日差しと木々を揺らす涼しい風が吹き込む窓辺から庭を眺めるひととき、そこに冷たいシャンパンがあれば格別です。こうして室内外から楽しめる庭は、暮らしの質をさらに高めてくれます。


00_fromeditor.jpg

しかしながら、実際に住まいのインテリアと調和する庭を得るためには、建物の計画段階からさまざまなことを考えておく必要があります。樹木にとっては葉に光が当たるだけでなく、地面が温められることが重要。根は地中にあるためで、もちろん風通しも大切です。人気のある芝生の庭は日当たりが良いことが条件なので、大木が密に植えられた日陰の場所は難しいでしょう。乾燥や湿気を好む植物もあり、季節によって必要な水の量も変わるので、メンテナンスには注意が必要です。
家具やオブジェと大きく異なるのは、植物は生き物であること。光に向かって伸びていくため形も変化していきます。手をかけるほどに庭は良くなりますが、不在時を考えると潅水器の導入も必要かもしれません。とはいえ、まず、日に一度は庭をひと周りしたいもの。植物の変化が分かります。
今、自宅の小さなテラスでは、ブラックベリーの収穫を終え、ミントやシソ、バジルを楽しむ日々。ハーブは料理のスパイスになりますが、一度に多くの量を使わないうえ、買っても日持ちしないため、毎日採るのが一番です。毎朝起きたらハーブをチェックするのが日課。ここ数年は、葉を食い荒らすコガネムシと格闘していますが、ブラックベリーは瞬く間に葉脈だけになってしまいます。うれしいのは、都心のマンションでも、どこからともなく鳥たちがやって来ること。大小の木々が植えられた美しい庭にするには時間と費用がかかりますが、まずは手軽に「味わう庭」から始めるのも良いでしょう。


Elisa SUMITA, Editorial Director

2014年08月25日 12:27 | no.72 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年08月06日 18:02

編集者募集(契約社員)

I'm home. 編集スタッフ(契約社員)を募集します。四年制大学の建築またはインテリア学科卒業後、編集または建築の実務経験のある方。英語力があれば尚可。応募される方は履歴書(写真貼り付け、手書きのものに限定)と職務経歴書(ワープロ打ち可)をご送付ください。書類選考に通った方のみご連絡させていただきます。応募書類は返却しない旨、ご了承ください。 募集は決まり次第終了させていただきます。


〈求人概要〉
職種/隔月刊 I’m home. 編集者
雇用形態/契約社員(試用期間6カ月)
勤務地/東京都新宿区西新宿
勤務時間/10:00〜18:00(基本)
休日/週休2日 祝祭日、年末年始
資格/四年制大学の建築またはインテリア学科卒業後、編集または建築の実務経験のある方。英語力があれば尚可。
給与/能力・経験を考慮のうえ、当社規定により決定(試用期間あり)
待遇/交通費支給

所在地/〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-3 斉藤ビル4F
電話/03-3363-5818 担当・角田(すみた)

2014年08月06日 18:02 | 人材募集 | | Comments (0) | TrackBack (0)