NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2014年07月14日 14:39

STYLE NEXT/SALONE DEL MOBILE DI MILANO 2014

伝統とモダンが融合した“コンテンポラリークラシック”


毎年4月に開催される世界最大の国際家具見本市・ミラノサローネ。53回目を迎えた今年の大きな流れは、「クラシック回帰」。各ブランドが、古典を再解釈する、ブランドのルーツを探るなどのアプローチにより、クラシックとモダンの融合を試みていました。普遍的なデザインは受け継がれ、変化しながら現代の暮らしにふさわしい“定番”を生み出していくのです。


17_salone.jpg

2014年07月14日 14:39 | no.71 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年07月10日 14:37

TREAT YOUR WINDOWS/インテリアに映える窓

採光、通風、眺望だけでなく、時間による変化を感じさせ、またインテリアにとって造形的な装飾の役割も果たす窓。室内外をつなぐと同時に分け、住まいの質を決める重要な存在です。窓の占める割合が多い日本の住まいにおいて上質な空間をつくるには、機能だけでなく美しさもかなえたいもの。そのためには、窓そのもののデザインとウインドートリートメントを一体で計画することが不可欠です。今回はさまざまな事例と共に、インテリアとしての窓を考えます。


16_window.jpg


「美しい窓」とは/窓の基本を知る〈種類とプロポーション・窓の構成要素と意匠〉/窓をデザインする〈壁と窓のバランス・天井の納まり〉/機能的な窓をつくる〈素材と入手方法・網戸と雨戸・方角と立地〉



CASE STUDY
01 Wood Sash & Curtain/伝統的な北欧民家をイメージした格子の木製サッシ
M Residence Finland Architecture : Minna Lukander


02 Wood Sash & Louver/漆喰壁に映えるブルーグリーンの木製サッシ
O Residence Meguro-ku, Tokyo  Architecture : 彦根建築設計事務所 彦根アンドレア


03 Steel Sash & Shade/繊細な十字が美しいスチールサッシ
H Residence Mitaka-shi, Tokyo  Architecture : 山﨑壮一建築設計事務所


04 Steel Sash & Curtain
N Residence Hayama, Kanagawa  Architecture : ゼロワンオフィス


Products
Wood Window, PVC Window, Aluminium Window, Window Exteriors, Hardware, Metal Window Makers

2014年07月10日 14:37 | no.71 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年07月07日 14:33

Ocean Blue, Forest Green/素材と色を楽しむ夏のインテリア

陽光が差し込み、時折吹き抜ける風が心地良い夏の部屋。見慣れた空間に、リネンやガラス、シェルなどの素材をとり入れれば、この季節だからこそのインテリアを楽しめます。今回は、涼しげな海とさわやかな森からインスピレーションを得た夏色のグラデーションのコーディネートを提案。


20_color.jpg

2014年07月07日 14:33 | no.71 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年07月04日 14:31

FOCUS ON/Porro

ミニマルでシャープなシステム収納や、存在感のあるキャビネットで注目を集めるイタリアの家具ブランド・Porro。1925年、同国・ブリアンツァに創業した同ブランドは、3代目のLorenzo Porroの代から収納を主に展開。アートディレクターであるPiero Lissoniを始め多くのデザイナーと協働し、あらゆるシーンに合う新たな収納の在り方を提案しています。


14_porro.jpg
15_porro.jpg

2014年07月04日 14:31 | no.71 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年07月01日 14:26

CLOSE-UP/阿波藍 Awa Natural Indigo

世界が称えた唯一無二の色「ジャパン・ブルー」。海や空といった自然を想起させる藍は、古来より日本人にとって最も身近な色の一つでした。そして、その日本の藍文化を長きにわたり支えてきたのが、徳島の「阿波藍」。化学染料の台頭により一時衰退したものの、天然の藍のみが染め出す深遠な色合いは、今なお多くの人々に愛されています。徳島にある藍染め工房を訪ね、その美しくも強い色の魅力に迫りました。


18_awa.jpg
19_awa.jpg

2014年07月01日 14:26 | no.71 | | Comments (0) | TrackBack (0)