NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2013年11月21日 18:31

アメリカの照明器具市場

今日からL.A.ロケに出掛けます。久々のアメリカ取材なので、ちょっと楽しみです。インテリアコーディネートでは、クライアントにフロアライトやペンダントなど、アメリカのメーカーの商品を提案することが多いものの、私たちも実物を見る機会はほとんどありません。クライアントからは候補の家具や照明器具などを実際に見てみたいという要望を多くいただきますが、残念ながらその多くはカタログでしか見られないのが実状。今回は下見がてら、ショールームにも足を運ぶつもりです。久しぶりに照明器具ブランド「CL STERLING&SON」のデザイナーであるピーター・カールソン(no.38に掲載)を取材する予定。近年、LED電球の登場により照明業界は激変しているので、アメリカの住宅マーケットについても聞いてみたいと思っています。


33_cl.jpg

2013年11月21日 18:31 | 取材日記 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月18日 18:31

キッチンにかけるコスト

新規のインテリアコーディネートのプロジェクトがスタートし、今度は本誌でも取材したことがあるJWA建築・都市設計の渡辺 純さんと偶然ご一緒することに。延床約40坪の木造2階建ての住宅です。まだ打ち合わせは二回ですが、竣工予定が来年の春なので内装材の仕様をクライアント、建築家、施工会社と共に急ぎ再検討中。キッチンは国産のシステムキッチンを入れる予定だとのこと、クライアントと年内にショールームに行くことになりそうです。
このほか、キッチンの依頼先には造作専門の家具会社(ショールームはなく、建築家やインテリアデザイナーなどのプロが直接依頼)やオーダーキッチンの会社(ショールームがあり、プロも一般の人も依頼)があり、皆、一見同じようですが、実はかなり業務内容が異なります。現在、いくつかプロジェクトが進行していますが、キッチンの見積もり金額は300万円~1,200万円とさまざま。基本的な機能自体はそんなに変わりがないわけですが、キッチンにかける費用が総工費の何%を占めているのかは興味があるところ。次回のキッチン特集は、どのような内容にしようか思案中です。

2013年11月15日 18:30

no.69は大々的にリノベーションを特集

新築マンションの一室のリフォームプロジェクトがスタートしたのは今年の3月末。最初は壁紙の貼り替えとFFE(Furniture Fixture and Equipmentの略、置き家具やカーテンなどのウインドートリートメント、アートなどの小物)が中心になると思っていましたが、結局、床、壁共に全面変更、天井カセット型エアコンからビルトイン型エアコンへの交換、スプリンクラーの移設に加え、ドアのケーシングからキッチンなどカウンター天板の変更、造作家具一式と、大工事になってしまいました。工事がほぼ終わって、いよいよ家具の納品開始、、、ところが、いきなりトラブル発生。なんと、USキングサイズの高さ450㎜のマットレスが寝室に入らないことが判明。最近のマンションは搬入用エレベーターなどがあり、家具の納品は何も問題がないかのようですが、実は室内に入ると一気に狭くなります。寝室まで2カ所コーナーがある廊下が原因でしたが、配送の方々のご協力により最終的には無事たどり着きました。やはり、下見に来ていただかないとダメですね、、、マットレスが通常のものよりかなり厚いことを見落としていました。ということで、3月15日発売のno.69では、マンションを中心としたリノベーションを大々的に特集します。こちらのプロジェクトも掲載する予定ですので、どうぞお楽しみに。

2013年11月15日 18:30 | ニュース | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月14日 18:29

FOCUS ON/MERIDIANI

家具製造の経験を生かしたベーシックな美しさと機能性、豊かな表情をもたらす500種以上のファブリックやレザー。2000年の創立以来、時代を越えた普遍的なデザインを目指すイタリアの家具ブランド、MERIDIANI。色や質感を組み合わせて魅せるリアリティーに富んだプレゼンテーションは、豊かなライフスタイルを提案します。


32_meridiani.jpg

2013年11月14日 18:29 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月12日 18:28

I’m home. とつくるインテリア

インテリアコーディネート事業でS.O.Y.建築環境研究所の山中祐一郎さんと共に進めていた住宅プロジェクトの撮影を行いました。クライアントは8月末に引越ししたものの、その後、追加の家具やアート、小物などを発注し、ようやくリビングのアートが入ってほぼ完成に近づいたからです。それと同時にバスルームのフックや造作収納の取っ手なども取り付けてもらいました。

31_.jpg

リビングには、L字型の大きなソファは入れたくないというのがクライアントからの要望。そこでW1400㎜のこぢんまりとしたハイバックのソファと籐を用いたアームチェア、パープルのラウンジチェアとさまざまなタイプをコーディネート。ダイニングは、リビングのムードに合わせてテーブルとイスを異なるメーカーで選び、空間のアクセントとなる大きなペンダントライトはサビ鉄板を曲げたクールでダイナミックなものに。最初から建築とインテリアを分けて考えていたクライアントから実施設計の段階で依頼があり、キッチンやバスルーム、リビングの造作家具など、山中さんたちと時間をかけて案を練ることができました。個性的なクライアントとの出会いはとても刺激的で、私たちのコーディネートをさらにグレードアップさせてくれます。
こちらは、次号no.68で掲載するので、どうぞお楽しみに。

2013年11月11日 18:27

open air homes/豊かな自然を室内にとり込む

四季折々に移ろう自然を眺めながら、光が室内に描き出す陰影や爽やかな風を感じる。周囲の地形や環境を読み解き、室内外を一体にプランした住まいは、自然と建物、インテリアが見事に調和し、五感に訴えかけてきます。今回は、環境に呼応した平屋建てと、ランドスケープと一体にデザインした住まいの二軒を紹介し、その豊かな発想を住まいづくりのヒントにします。

01 多面体の屋根が覆う森に開かれたゲート
H Residence  設計/横河 健  横河設計工房


29_H_residence.jpg

02 雁行型につながる焼きスギ貼りの三つの箱
S Residence 設計/S.O.Y.建築環境研究所+なわけんジム


30_s_residence.jpg

2013年11月11日 18:27 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月08日 18:26

Wall Decor Styling/壁を美しく飾る

空間にメリハリをもたらし、住む人の個性を映し出すウォールデコレーション。まずはミラーや時計など、実用性を備えた身近なアイテムにこだわることから始めましょう。空間の主役になるボリュームのあるものや質感豊かなアイテムを中心に紹介します。


28_wall.jpg

2013年11月08日 18:26 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月06日 18:25

Dress up with FABRIC/SHOPS 美しいファブリックを手に入れる

毎年国内外で多くの新作が発表され、豊富な種類の色柄やデザインがそろうファブリック。ブランドによって得意とする柄やテーストが異なり、その特徴を知ることでコーディネートの幅は格段に広がります。ショールームでは、実際にサンプルを見て肌触りを確かめられるだけでなく、専門のスタッフがコーディネートをアドバイス。国内外のファブリックを扱う12社を紹介。

2013年11月06日 18:25 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月06日 18:23

Dress up with FABRIC/COORDINATION

27_.jpg

カーテンやクッション、ベッドリネンなど住まいにおけるファブリックアイテムはさまざま。そのコーディネート手法の一つが、テーマカラーを決めて楽しむもの。異なる質感や柄目、アクセントカラーなどを組み合わせて心地良いインテリアに仕上げたい。今回は4つのパターンを紹介。

27_fabric.jpg

2013年11月06日 18:23 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月06日 18:12

Dress up with FABRIC/ファブリックを楽しむ美しい住まい

鮮やかな色彩、柔らかな素材感、美しいドレープ……。多彩な色柄や質感を楽しむファブリックは、心地良い暮らしをかなえるために欠かせません。カーテンを始め、ソファの張り地やクッションまで、素材やカラーのコーディネートを知ることで、機能性はもちろん、デザイン性に優れた個性的な住まいが実現します。今回は、ファブリックの選び方を中心にその楽しみ方を考え、4つのカラーコーディネートを提案。さらに、お薦めのファブリックメーカー12社を紹介。


For WINDOW TREATMENT


23_fabric.jpg

For CUSHION WALL


24_fabric.jpg

For FURNITURE


25_fabric.jpg

For CUSHION


26_fabric.jpg

2013年11月06日 18:12 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月05日 18:09

Items/空間のグレードを上げる美しい家具

リビングのインテリアを計画するうえで、家具は重要な要素の一つ。リビングの印象を決めるソファやテーブルはもちろん、ディスプレイスペースとなるコンソールは、空間を緩やかに分けられるため、日本で多く見られるワンルームのプランにも有効です。ほかにも室内に陰影を生むフロアライトやポイントとなるアームチェアなど、具体的なシーンをイメージし、空間とのバランスを見ながら選びたいもの。インテリアに映えるフォルムや豊かな質感の家具で美しく、くつろぎをもたらすリビングをかなえましょう。


20_interior.jpgGIORGETTI



21_interior.jpgFLEXFORM



22_interior.jpgBaker

2013年11月05日 18:09 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年11月01日 18:01

Schemes for INTERIOR/インテリアから考えるリビングとダイニング

ダイニングキッチンとリビングがワンルーム化する現在、家族が集うメーンルームの在り方を、改めて考えてみます。ゲストをどのようにもてなすのか、くつろぎにおいて何を重視するのか。住まいの顔となるリビングとダイニングこそ、住み手のライフスタイルや感性によってかたちづくられるもの。第一章ではそれぞれの空間やプランについて、第二章では、豊かなインテリアをつくるポイントを解説します。

第一章 planning/心地良い空間の設計  ※良いは漢字のままで

CASE STUDY

01 個々の空間の独立

02 空間を区切る


14_interior.jpg

03 ずらして配置する

04 段差をつくる



15_interior.jpg

家具やパーティションで分割


16_interior.jpg

家具のサイズと配置


第二章 ideas & tips/美しい空間をつくるポイント

OPENINGS/美しい開口と建具


17_interior.jpg

MATERIALS/空間の質を高める素材

LIGHTINGS/シーンを生む照明計画

TELEVISION/テレビのまわりのしつらえ


18_interior.jpg

FIRE PLACE/求心性を生む暖炉


19_interior.jpg

2013年11月01日 18:01 | no.67 | | Comments (0) | TrackBack (0)