NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2013年05月17日 18:32

KITCHEN EQUIPMENT 訂正とお詫び

本誌no.64のKITCHEN EQUIPMENTにおいて、155頁に掲載している商品のクレジットが間違っていました。
ここに訂正して、お詫びいたします。


01_kohler.jpg
KOHLER / Parq 2-handle Deck-mount kitchen bridge faucet – lever handles, with sidespray + HAWTHORNE apron front kitchen sink / K-6131-4-CP+K-6534-4U-FE
KOHLERのモダンなフォルムのダブルハンドルキッチン水栓とフロントエプロンキッチン2曹シンク。水栓はクロスタイプのハンドルも用意。水栓(H373×L229×A229)シャワー(H140)225,330円 スパウト回転:360° 鋳物ホーロー製のシンクは全17色展開(W838×D562×H222)728,700円 納期:3カ月 保証:1年/ジャパンコーラー



02_duravit.jpg
DURAVIT / STARCK K / RタイプDV751010
ドイツ・DURAVITのオーバーカウンター型陶製キッチンシンクは、デザイナー、Philippe Starckが手掛けた高低差のある二つのシンクの組み合わせが斬新。浅いシンクは目皿を簡単に取り外せ、清掃性も高い。材質は陶器をベースに対衝撃性を高めた独自の素材を使用(W1000×D510×H210)178,500円 納期:要問い合わせ 保証:2年/セラトレーディング

2013年05月17日 18:32 | no.64 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年05月08日 15:43

SYSTEM KITCHEN

洗練されたデザインが魅力の輸入システムキッチン。サイズや仕上げを選べるセミオーダーで、オープンな空間でもインテリアに調和するキッチンが手に入ります。イタリアやドイツを始めとするヨーロッパのメーカーは、素材感を生かしたシャープでミニマルなモダンラインのほか、モールディングを用いたクラッシックラインをそろえるところも。塗装や突き板、ガラスなど面材の種類が豊富で、メーカーにより個性豊かな仕上げがそろいます。最近では、木を使ってラフに仕上げたナチュラルなデザインが人気。価格はプランや組み合わせにより異なり、100万円前後から2000万円程度。今回は、ヨーロッパやアメリカ、北欧のほか、国産のシステムキッチンメーカーを含めた15社を紹介します。


29_provence.jpg
Provence & Fils(France)/トーヨーキッチン&リビング

2013年05月08日 15:43 | no.64 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年05月08日 11:42

DINING FURNITURE

食卓のメーンとなるダイニング家具は、テーストに合わせた素材やデザインはもちろん、空間や使用する人数に合わせて、サイズや形状を選びたいもの。コンパクトな空間に合わせて小さくなりがちなダイニングテーブルは、十分な動線を確保できる寸法を確認しておきましょう。そのほか機能性とディスプレイを兼ねたサイドテーブルや、空間のアクセントとなるスツールや照明まで、幅広く紹介します。


28_dining.jpg
オランダ・RICHMONDの「DINNER TABLE SINGER」は、重厚なアイアン製脚部が特徴/デザインスタジオウッド

2013年05月08日 11:42 | no.64 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年05月08日 09:41

European Design Trends

キッチンが家具として発展してきたヨーロッパ。なかでもドイツとイタリアは、世界のキッチンデザインの牽引役と言えます。昨年から今年にかけて、ミラノやケルンのキッチン見本市で発表された新作を見ながら、今後のデザイントレンドを分析しました。主流は、感性を刺激するような素材感や重厚さを持つヒューマニックなキッチン。伝統を生かしたデザインが注目され始めています。


27_europeanK.jpg
イタリアのキッチンとバスの分野では、トップブランドとも言えるBoffi。Piero Lissoniがデザインした「April」は、従来から人気の直線的なデザインのキッチンです。人工大理石でシンク一体型に仕上げた薄い天板に、面材に用いたオイル仕上げの無垢材は、あえて幅も厚みも不ぞろいにして凹凸を演出。直線的なデザインが、立体感と素材感を引き立てています/インテリアズ

2013年05月08日 09:41 | no.64 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2013年05月07日 19:35

キッチンとダイニングの美しい関係を持つ6つの住まい

キッチンはもはや画一的なものではなく、個々のライフスタイルを反映したプランが求められます。「オープン」「セミオープン」「セミクローズド」「クローズド」の四つに大別されるものの、実際の在り方は多種多様。一口に「オープンキッチン」と言っても、段差を設ける、造作家具で緩やかに間仕切るなど、「見せる」と「隠す」を上手に組み合わせ、空間にメリハリをもたらすことで、キッチンとダイニングそれぞれの魅力が増します。今回は、前述の四つのプランにオリジナリティーをプラスした国内外の実例6軒を紹介。


CASE 01 パノラマビューを楽しむ高低差のあるセミオープンキッチン
R Residence Vienna, Austria  Architecture : SHIBUKAWA EDER Architects


20_k_r.jpg

CASE 02 多様な素材とディテールが彩るクラシカルなクローズドキッチン
F Residence Vienna, Austria Self-Renovation


21_k_f.jpg

CASE 03 高低差のある住まいを見渡す約30㎡のダイニングキッチン
Kumpula Residence Inkoo, Finland Architecture : Jussi Kalliopuska


22_k_k.jpg

CASE 04 回遊動線を描くセミクローズドキッチン
Huttunen Residence Helsinki, Finland Architecture : Suvi and Risto Huttunen


23_k_h.jpg

CASE 05 約400本収納のワインセラーが迎えるダイニングキッチン
I Residence Tokyo Architecture : 廣田悟建築設計事務所


24_k_i.jpg

CASE 06 シーンに合わせて扉で間仕切るキッチン&ダイニング
K Residence Shonan, Kanagawa Architecture : 横堀建築設計事務所


26_k_k.jpg

2013年05月07日 19:35 | no.64 | | Comments (0) | TrackBack (0)