NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2013年02月25日 10:45

Stay by Nature/FINLAND

マツやシラカバの森と湖が美しい風景を織り成す国、フィンランド。南北に長い国土のなかで、約542万人の人口の大半は、首都ヘルシンキを含む南部に集中しています。季節によって日照時間が大きく変わり、ヘルシンキでは夏至祭の日照時間が19時間に及ぶ一方、真冬は約6時間と極端に短いため、住まいでは光をとり入れながら気密性を高める工夫や、室内を明るく見せる素材選びが重視されます。そのほか、同国発祥のサウナが標準的に備えられている点も特徴と言えるでしょう。豊富な森林資源を背景に木造住宅が発展を遂げると共に、自然と共存するモダンなデザインも独自の進化を見せる。自然に囲まれた2軒のモダンな住まいと、郊外の森に立つ2軒の伝統的なサマーコテージを訪ねました。


1 Kumpula Residence Inkoo, Finland  Architecture : Jussi Kalliopuska


01_ku.jpg
02_ku.jpg

2 Huttunen Residence Helsinki, Finland Architecture : Suvi and Risto Huttunen 


03_hu.jpg
04_hu.jpg

3 Mattila Residence Naantali, Finland Architecture (Guest House) : Minna Lukander


05_ma.jpg
06_ma.jpg

4 Mikkola Residence Kirkkonummi, Finland Architecture : Kirmo Mikkola Restoration : Juulia Mikkola


07_mi.jpg
08_mi.jpg

POSTED AT 10:45 | no.63 | | Comments (0) | TrackBack (0)