NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2012年12月26日 10:17

Next House Complex これからの中低層集合住宅

07_next.jpg

都市生活にふさわしい住まいの一つが、集合住宅ではないでしょうか。都市における集合住宅の歴史は、古代より世界中で連綿と続いてきました。日本では、高度経済成長期に無秩序な都市の乱開発が行われ、高齢化が進んでいる現在、遺産相続により土地が分割され小住宅が乱立する状況が加速しています。そのような現状にあって、都市の景観や機能、個々の住環境を維持するために、中低層の集合住宅が果たす役割は大きいと言えるでしょう。
今回は、賃貸・分譲・コーポラティブハウスなど、さまざまな形態の中低層集合住宅5軒を紹介。さらに、欧米の都市住宅と比較することで、日本の都市における集合住宅の在り方について考えます。



CASE STUDY 1 住み手がデザインするスケルトン・インフィル
Tila Architecture : Pia Ilonen Talli Architecture & Design


08_tila2.jpg
08_tila.jpg

CASE STUDY 2  機能とデザインを備えた緩衝壁のダブルファサード
BREEZE  Architecture : アールテクニック


09_breeze2.jpg
09_breeze.jpg

CASE STUDY 3  自由設計を楽しむコーポラティブハウス
st bldg.  Architecture : 若松均建築設計事務所


10_stg.jpg
11_stg.jpg

CASE STUDY 4  オーナーと居住者をつなぐ共用の土間
KRJ  Architecture : NIIZEKI STUDIO


12_krj2.jpg
12_krj.jpg

CASE STUDY 5  楕円のデザインと素材が彩るメゾネット
Apt. A  Design : KEIKO+MANABU


13_apta2.jpg
13_apta.jpg


Case in Japan 都市の集合住宅

世界の大都市の中心地に住む場合、選択肢の大半は集合住宅です。中心地の戸建て住宅といえば、数少ない上流階級の居住エリアに建つ大邸宅くらいのもの。一方、日本では、都心と近郊、郊外の境界が曖昧で「住まいのためのエリア(地区)」という概念がなく、その結果として街並みの秩序が失われているのが現状です。本来、都心では集合住宅の集積が街並みの骨格となり、集合した余白がエリアの広場や公園となって、地域のコミュニティーのコアを担ってきました。欧米の集合住宅との比較を含め、日本の都市における住まい方を検証し、これからの集合住宅の方向性を探ります。

POSTED AT 10:17 | no.62 | | Comments (0) | TrackBack (0)