NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2012年06月27日 20:45

SALONE DEL MOBILE DI MILANO 2012

2012年4月に開催されたミラノサローネ(国際家具見本市)。近年の傾向である既存モデルのマイナーチェンジや復刻版が多く、普遍的なデザインが持つ力を再認識しました。今年のトレンドであるスモーキーカラーやペールトーンといった色、ステッチや縫製などディテールの変化が新しい表情をもたらし、美しいデザインは常に受け継がれ、また変化していくことを教えてくれました。


09_salone.jpg
右/「50's」をテーマにしたMinottiの展示。中央の格子模様のアームチェアとスツール「GILLIAM」は50年代の北欧モダンデザインにインスピレーションを得たもの
左/赤やオレンジを基調とした鮮やかなマルチストライプを採用したMISSONI HOMEの「OMBRELLINI FIAMMATI」



10_salone.jpg
右/Patricia UrquiolaがデザインしたB&B Italiaのアウトドア用アームチェア「HUSK OUTDOOR」
左/斬新な形が目を引くdriadeのアウトドア用ロッキングチェア「56h」

POSTED AT 20:45 | no.59 | | Comments (0) | TrackBack (0)