NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2010年05月24日 23:21

繁田諭くうかん写真展 「ひかりのある場所へ」

本誌の写真をすべて撮影しているフォトグラファー事務所、ナカサ&パートナーズ。そのスタッフの一人、繁田 諭さんが、「ひかりのある場所へ」と題した写真展を開催しています。彼が10年間で撮影した写真の中から100点を選んでいますが、その7割ほどが本誌で撮影したもの。私自身にとってもさまざまなことを振り返る良い機会となりました。特に嬉しかったのは、展示された写真、Y邸(no.14)のオーナーご夫妻と6年ぶりに再会したことでしょうか。縁側でスイカを食べながらの家族写真は、数ある取材のなかでも記憶に残っているものの一つでしたが、100年を経た住宅を改築せずリノベーションしようと奥様ががんばったエピソードも印象的でした。お時間があれば、ぜひお立ち寄りください。雑誌で見る印象とは一味違うダイナミックな作品の数々が展示されています。


shigeta.jpg

Roos Van De Velde(no.44)


会期 2010年5月21日(金)〜5月29日(土)日曜休館
10 : 00〜18 : 00(入館は17 : 30まで) 入場無料
会場 東京大学くうかん実験棟(東京大学駒場リサーチキャンパス)
東京都目黒区駒場4-6-1
※京王井の頭線 駒場東大前駅西口より西へ徒歩8分
※東京メトロ千代田線 代々木上原駅より徒歩約10分

2010年05月24日 23:21 | no.46 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2010年05月10日 23:10

特集 Life-Valuables/Dysonの哲学

“人は本質的により優れた技術を求める”という考えの基、革新的なテクノロジーを搭載した質の高い製品を生み出す。そして、それを使い続けてもらうためのソリューションを確立しているのが、イギリス・ダイソン社です。優れた吸引力が持続する掃除機として高い知名度を持つ同社は、製品の品質と共に徹底したカスタマーサービスを構築し、長く愛用できる哲学を伝え続けています。


dyson.jpg

「DC26 タービンヘッドコンプリート」

2010年05月10日 23:10 | no.46 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2010年05月07日 23:02

特集 家具としての美しいキッチン

オープンキッチンが主流となった現在、カウンターのデザインは住まい全体の雰囲気を左右する大きな要素です。家族やゲストが集う団らんの場であり、空間のなかでも目立つ存在だからこそ、家具のように美しく仕上げて設備機器という概念から脱却したい。今回は、仕上げ材に大理石やガラスを用いたカウンターや、木製フレームと引き戸でアートのように見せた実例を紹介し、インテリアに溶け込む上質なキッチンの在り方を考えます。


Case-01
大理石とケヤキ無垢材のコントラストが美しいキッチン


GKtei.jpg

GK邸 設計/Sデザイン設計 一級建築士事務所


CASE-02
光るガラスのワークトップが美しい素材感に満ちたキッチン

I 邸  建築設計/小川晋一都市建築設計事務所 内装設計/セキデザインスタジオ


CASE-03
スライディングドアで可変する料理家のキッチン

Y邸 設計/横堀建築設計事務所

2010年05月07日 23:02 | no.46 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2010年05月06日 22:57

特集 キッチンデザインを決める「ディテール」

キッチンをインテリアと調和させるには、「ディテール」が最も大切な要素となります。効率的なプランであっても、カウンターそのものが美しくなければ単なる作業場となることも。扉の面割り、天板の厚みと収まり、素材の質感やその組み合わせ、そして、取っ手の位置やかたちなど、細かな部分にまで配慮して初めて、家具のような存在感を放つキッチンが実現するのです。今回は、家具としてのディテールを追求し、真の意味での“オープンキッチン”について考察します。


kicthen.jpg

Y邸 設計/YJP+豊田建築設計室 キッチン/アムスタイル

2010年05月06日 22:57 | no.46 | | Comments (0) | TrackBack (0)