NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2010年04月26日 14:05

特集 Do-wall-yourself  壁から始めるセルフリノベーション

築年数を経た建物に手を加えながら、長く大切に住む。地球規模で環境問題が叫ばれるなか、古いものに価値を見い出し、ヨーロッパのように自分らしく空間をカスタマイズすることを根づかせたい。本来、住まいは完成したときがスタートです。そこから空間をしつらえ、メンテナンスしてこそ、年月を経ても美しく変化していく。そんな愛着を抱ける住まいとなるよう、まずは自らの手で手軽に始められる“壁”を彩ることから提案します。
今回は予告どおり、編集部員自らがペイントやクロスに挑戦。自分で実践してみると実にいろいろなことに気づきます。ペイントについては、カラーワークス、ポーターズペイント、ベンジャミンムーアの3社に協賛いただき、大小八つの壁面がある廊下をクロスのほか3色に塗り分けることに。まずペイントはそれぞれどのような色を選ぶか、そして次にどの壁をクロスにし、どの壁をどの色でペイントするか……塗り分け方によっても空間の印象は一変します。


wall_1.jpg

ビニルクロスを剥がして貼る紙クロスは、シューズクロークの上部に。マナトレーディングに協賛いただいたニナ・キャンベルのクロスは黒をベースに大きな白い花が描かれた柄。壁を絵画に見立てて空間のアクセントとしました。

wall_2.jpg

海外の映画やドラマのなかで、壁面をペイントするシーンを実に多く見かけます。それは欧米の人々が自分だけの空間をつくることの喜びと、服を着替えるようにコーディネートも楽しめることを知っているからです。また、家族で行うことによりさらにコミュニケーションが深まるようにも見えます。まず、自分にできることから始める。一つやってみたら、必ず次にやりたいことが出てくるはず。もっと手軽にできるコーディネートを楽しみたいですね。

POSTED AT 14:05 | no.46 | | Comments (0) | TrackBack (0)