NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2007年09月07日 18:25

高低差を設けてリビング&ダイニングの場を分ける

livingniizeki.jpg


のどかな田園風景が広がる閑静な住宅街の一角に連なる三つの黒い箱。この地で生まれ育ったオーナーは、ヘアサロンを併設した住宅の設計を建築家の新関謙一郎さんに依頼。一見すると“家”であることが分からない、非日常を感じさせる独特な外観デザインとは対照的に、室内には光と影によって表情を変える漆喰壁、飴色に変化したフローリング、趣のある北欧家具が並ぶ、豊潤な空間が広がっていました。そして、この独特の空気をつくり出しているのが、ワンルームながらも床面と天井面に高低差を設けることで場を分けたプランニングでした。


S邸 設計/NIIZEKI STUDIO 

POSTED AT 18:25 | no.30 | | Comments (0) | TrackBack (0)