NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2007年01月05日 19:43

STAY IN PARISは「Hotel Bourg Tibourg」

paris00763.jpg
photo by I'm home.


no.26のSTAY IN PARISは、「Hotel Bourg Tibourg(オテル・ブール・ティブール)」。魅惑的なこのホテルは、パリの中心地、マレ地区にありながら静寂に包まれた、わずか30室の都会のリトリート。The Faceでインタビューしたフランスを代表するインテリアデザイナー、Jacques Garciaとジルベール&ジャン=ルイ・コスト兄弟の共作によって誕生しました。そう、ここはパリ社交界の中心的存在である「hotel costes(オテル・コスト)」の姉妹ホテルなのです。
ホテルのドアを開けると、誰もがきっと突然異なる世界に足を踏み入れたかのような感覚に陥るはず。彼らが仕掛けた美しい演出に酔いしれて、大人のパリを満喫しませんか?



BOURG%20TIBOURG%2003.jpg


ネオゴシック様式へのオマージュをテーマに、ゴシック様式を再現した「ガルシアスタイル」のラウンジ。オークの葉をかたどった白い蛇腹、四つ葉のクローバーをモチーフにしたドア、弓形のアーチ、びょう打ちされた家具、フリンジのついたブラケット、さらにはカーペットに至るまで、すべてが特注されていました。


Hotel Bourg Tibourg
Address:19, rue du Bourg-Tibourg, 75004 PARIS, FRANCE
TEL.+33(0)1-42-78-47-39 URL.http://www.hotelbourgtibourg.com

2007年01月05日 19:43 | no.26 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2007年01月05日 19:24

SPICE UPは「ODORANTES」

paris00611.jpg

no.26のSPICE UPは「ODORANTES(オドラント)」。パリ、サンジェルマン・デ・プレのなかでも特に華やかなエリアに位置するマダム通りにある、芳香という意味を持つ小さなフラワーショップ「ODORANTES」。ここで取り扱う花の80%がバラで、春先には50種類以上が店頭に並びます。店内には自然がつくり出す極上の≠閧ェ漂い、無意識に深呼吸をしてしまうほど。
オーナーは、バラをこよなく愛するエマニュエルとクリストフ。店内は花の色をより美しく見せるために、黒とグレーを基調にデザインされ、花に交じってフラミンゴやオウム、クジャクなどの剥製(はくせい)が配されています。


paris00610.jpg
photo by I'm home.


切り花のほかには彼らがデザインしたオリジナルのキャンドルやルームフレグランスなども。彼らの独特な世界観が広がる、クールでシックなフラワーショップでした。


ODORANTES
9 rue Madame 75006 PARIS, FRANCE
TEL.+33(0)1-42-84-03-00

2007年01月05日 19:24 | no.26 | | Comments (0) | TrackBack (0)