NEWS BLOG

Facebook

メールマガジン登録

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

雑誌・ブログに対するご意見・ご感想はこちら

インテリアに関するお問い合わせ


2006年12月15日 16:55

No.26は「洗練された大人のパリ」を満喫

9月に行われたパリ取材。フランスの政治・経済・文化の中心として栄えるパリは、人口約220万人、広さ約105平方km(山の手線の内側の広さ)と狭いながらも、「凱旋門」「ノートルダム寺院」「エッフェル塔」「オペラ座」「ルーブル美術館」など、パリを象徴する建物が次々と思い浮かびます。
パリの街を散策し、街の中心部、シャルル・ド・ゴール広場 (旧エトワール広場)中央に位置する「凱旋門」へ。オステルリッツの戦いに勝利したフランス軍の栄誉をたたえるため、ナポレオン1世(1769-1821)はフランスの建築家、J.F.TH.シャルグラン(Jean-Francois-Therese Chalgrin, 1739-1811)にその設計を依頼。1806年に着工したものの、ナポレオン政権の崩壊により建設は中断。その後、シャルグランの弟子が引き継ぎ、30年の月日を経て1836年に完成しました。

frenchtobira%2A.jpg

個人主義の国といわれるフランス。流行に敏感で洗練されたイメージがある一方で、伝統や普遍性を重んじ、それを後世に継承していく強い意志が感じられます。そして、自国の文化に誇りを持つがゆえに、芸術やデザインなど異文化を受け入れる懐の深さもあります。


次号no.26、March(2007年1月16日発売)では、フランスを代表するインテリアデザイナー、Jacques Garciaのインタビュー、パリのエスプリを感じる住まい、パティスリー「LADUREE」、フラワーショップ「ODORANTES」、ジルベール&ジャン=ルイ・コスト兄弟とガルシアが共作した「Hotel Bourg Tibourg」など、「大人のパリ」を満喫します。

POSTED AT 16:55 | no.26 | | Comments (0) | TrackBack (0)